旅する京都~地元発信の京都観光・旅行ブログ~

生粋の京都人が綴る京都の楽しみ方! 有名観光地から隠れた名店、お土産紹介など。面白い行事やしきたり・習わしを地元民の視点で書いています。

2012年06月

夏越の大祓

夏越の大祓が近づいてきました。
近所の神社からも「人形(ひとがた)」がポストに届きました。

DSCN1604


こんな封筒のなかに人形が5枚入ってました。
現在5人も家族がおらんのですが、多めにある分には良い♪ってことで関東の親戚の分も厄払いすることに。
いや、関東の親戚に事前に説明したり物を送ってわざわざするほどでもないと思うので、代理でやっときます。

この人形は町内会で取りまとめているところもあるので人数分、世帯分であらかじめ数を確認する場合もあります。(松尾大社の地域に住んでた時は町内会で集めてました)

車用もあるのですが、今回入ってなかったので社務所に持っていくときにもらってこよっと。

人形(ひとがた)の書き方
  1. まずは自分の氏名と数えの年を書く(一人一枚縦書きでね)
  2. 息を吹きかける
    ※深呼吸するように深い息をはぁ~ッ('д` )と。正しい方法かわかりませんが、昔おばあちゃんにそう習いました)
  3. 身体の悪いところや良くなってほしい部分に人形をすりすり
  4. 神妙な気持ちで人形を入っていた袋にイン
  5. ちなみに袋の裏面には住所と氏名(代表者で良い)とお初穂を記入
  6. お初穂も袋にイン
    ※お賽銭みたいなもんですんで、一人50円~くらいでキリの良い額で良いかと。7人家族のときは¥500くらい入れてた
  7. 社務所か町会長さん宅へ期日までに持って行っておしまい

子供のころはせっせと頭をこすっていました。
真剣にやらないとおばあちゃんに怒られるので必死で(笑)

もし、自分に子供ができてもちゃんとやりたい行事の一つですね。
子供予定ないけど。

そのうちペット用とかできるんじゃ・・・とか思ったり。
畜生とはいえ家族ですから。(我が家にもかわいいのおります)
神社の懐事情も相まって・・・(ォィ)



↑応援してます

京都の和菓子話♪6月の水無月

待ちに待った6月v( ̄∇ ̄)v
前回も触れましたが、水無月(京都の和菓子)が食べられる貴重な1か月の始まりです。

梅雨入りも近そうで、今日の京都は曇り空。ぱらっと小雨も降りました。
しか~し、私の手元には水無月(´∀`*)


DSCN1587

それにしても写真へたくそすぎ・・・
実家で父が大量に買った水無月を分けてもらったので、タッパーの中でちょっとつぶれちゃったのです。
それで味が悪くなるわけでもないですが、残念。

実はもう食べちゃったのですが、変わらぬ味に大満足。
私は断固として白い水無月(ノーマルタイプ)派ですが、抹茶味の水無月も家族には好評です。

これを食べると「よっしゃ夏が来るぞ!!」って気持ちになるので、欠かせない和菓子です。

意気揚々と水無月をタッパーに詰めてる私を見て、妹が一言・・・

「お姉ちゃんてまだ20代やのに、味覚がおばあちゃんと一緒やな」

「そ、それがなにか??(´Д⊂)」
プロフィール
名前:みやこ
地域:京都




月別アーカイブ
国内格安航空券を価格比較!



国内ツアー 国内格安航空券
海外ツアー 海外格安航空券
格安旅行探しの決定版! Travel.jp

リンク
京都の情報はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


QRコード
QRコード


  • ライブドアブログ